お坊さんの輪は、お坊さん(僧侶)を派遣、紹介致します。葬儀・法事の読経や戒名授与は安心のお坊さんの輪まで

tel:0120367369
お坊さんの輪

ブログ

【お布施とは何か?】 【いつ渡すべきなの?】 “そんな疑問ありませんか?”

お布施

Pocket

御葬儀や御法事でお坊さんにお布施をお渡ししていると思いますが

お布施ってなに?」

「いつ渡すの?」
そんな事思ったことはありませんか?

 

お布施とは

 

お布施は、葬儀や法事の際に、読経をしていただいたり、戒名を授与して頂いた際に、
謝礼として金銭を渡すことです。

 

お布施の渡し方

 

①そのまま手渡しはマナー違反

お布施とは先程も説明しましたが、
葬儀や法事の際に、読経をしていただいたり、戒名を授与して頂いた際に、
謝礼として金銭を渡すことです。

謝礼として金銭を渡すこととお伝えしましたが、お布施は本来、労働対価ではありません。

お布施とは、信者が欲望(物欲や金欲)を手放すための修行という考え方であり、
経済行為としては「寺院への寄付金」という位置づけです。

こうした事を理解した上で、お坊さんにお布施をお渡しする際には、
「お経を上げてもらう事に対し、感謝の気持ちを伝える為のお礼」といった
考えでお渡しすれば良いと思います。

お布施は、お布施袋に入れてお坊さんに渡しますが、

お布施袋をそのまま手渡しすることはマナー違反です。

 

➁正しい渡し方

お布施の渡し方は、先程「お布施袋を小さなお盆に載せて渡すこと」と説明しましたが、
渡し方にもそれぞれ異なったパターンがあります。

一般的な作法としては、小さなお盆(切手盆)にお布施袋を載せてお渡しします。
しかし、お墓の前での読経などで、切手盆が使えないときは、袱紗(ふくさ)のみで渡しても問題はありません。

切手盆の代用品として袱紗の利用が可能なためです。

お布施袋のみで渡すのは失礼にあたるため、最低限のマナー(作法)として、
袱紗はご用意できるよう配慮しましょう。

 

お布施を渡すタイミングとは

 

お布施を渡すタイミングには決まりはありません。
「じゃあ、いつ渡すの?」となるかもしれませんが、

一般的にお布施を渡すタイミングというのは、法要前の最初の挨拶のときに渡すことが多いです。

もしタイミングを逃した場合は、葬儀や法要が終わった後、お礼とともにお渡ししましょう。

渡す際は、切手盆に乗せる、もしくは、袱紗からお布施袋を出し、袱紗の上に置いて渡すのが一般的です。
その際に、お坊さんから見て、正面になるように、自身から見てお布施袋が上下逆の向きになるようにしてください。

 

お布施の封筒

 

お布施は白い封筒もしくは水引、黄色の紙がついた封筒を使用します。

ただし、お布施の金額が一万円以内の場合は、水引のないものを使用してください。

また、お札は新札もしくはできるだけ綺麗なお札を用意しましょう。

※法要の内容により水引の色が変わる場合もあります。

地域によって違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

 

お布施の書き方

 

①表面に「お布施」と書く

まず最初にお布施の封筒は黒墨で記入します。

「お布施」の下部にご自身の名前を書くこともありますが、

「お布施」のみでも問題ありません。

名前を書く際は「○○家」等苗字のみの場合が多いです。

 

➁裏面に連絡先を

表面に「お布施」と書いたら、裏面には住所や電話番号を記載します。

金額については記載する必要はありません。

金額を記載する場合、数字は漢数字を使用します。

五万円の場合の例:金 伍萬圓也

裏面に金額を書く場合には、右から「①住所・電話番号②金額」の順番で記入します。

 

お布施のほかに…

 

お布施とは別で

「お車代」

「御膳料」

「御塔婆料」

などを用意する場合もあります。

お布施と同じように封筒に入れてお渡ししますが、

それぞれ別の封筒に入れてお渡ししましょう。

同じ袋にまとめて入れるのはマナー違反ですので気を付けましょう。

 

新しい記事へ
    • メールでのお問い合わせ
    • 対応宗派 浄土宗、浄土真宗(東、西)、真言宗、天台宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗 、その他全宗派に対応いたします。

    • 全国お墓相談センター
    • いざというときのために 資料請求
    • 霊園・墓地をお探しの方へ
    • お坊さん募集中

    ご依頼からの流れ

    • よくある質問
    • お坊さんの輪について
    • 霊園・墓地をお探しの方へ

    お坊さん募集中

    いざというときのために 資料請求

    無料相談・お申込み

    • 24時間365日受付中!
    • 0120-367-369
    • alt="メールでのお問い合わせ"

    対応宗派 浄土宗、浄土真宗(東、西)、真言宗、天台宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗 、その他全宗派に対応いたします。

    Page top