お坊さんの輪は、お坊さん(僧侶)を派遣、紹介致します。葬儀・法事の読経や戒名授与は安心のお坊さんの輪まで

tel:0120367369
お坊さんの輪

ブログ

四十九日忌法要とは

未分類

Pocket

 
今回は四十九日についてご説明します。
 
そもそも四十九日とは、前回のブログでご説明した、
【初七日】から故人が七日ごとに審判を受け、
お裁きにより、来世の行き先が決まるもっとも重要な日「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。
故人が極楽浄土に行けるよう、家族や親族、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
これが四十九日忌法要です。
 
この日(四十九日)をもって、「忌明け(きあけ)」となります。
四十九日忌法要後は一般的には忌明けの会食を開きます。
 
四十九日忌法要は忌日(きび)の当日に行うのが理想ですが、
近年では週末に行うことが多いです。
 
※法要の日をずらす場合は、遅れてはいけないとされています。
 忌日より早めに行うならば、何曜日でもかまわないとされています。
 
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。
 
いかがでしたか?
 
 
「お坊さんの輪」では、四十九日忌法要を35,000円でお坊さんを手配しています。
お気軽にお問い合わせください。

    • メールでのお問い合わせ
    • 対応宗派 浄土宗、浄土真宗(東、西)、真言宗、天台宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗 、その他全宗派に対応いたします。

    • 全国お墓相談センター
    • おもてなしのお葬式
    • いざというときのために 資料請求
    • 霊園・墓地をお探しの方へ
    • お坊さん募集中

    ご依頼からの流れ

    • よくある質問
    • お坊さんの輪について
    • まごころ葬
    • 霊園・墓地をお探しの方へ

    お坊さん募集中

    いざというときのために 資料請求

    無料相談・お申込み

    • 24時間365日受付中!
    • 0120-367-369
    • alt="メールでのお問い合わせ"

    対応宗派 浄土宗、浄土真宗(東、西)、真言宗、天台宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗 、その他全宗派に対応いたします。

    Page top